同人イベントサイトのサークルリストに並び替え機能や検索機能をつける方法

同人誌即売会のウェブサイト上に参加サークルを一覧表示する習慣というのもずいぶん定着しておりまして、そのおかげでこのサイトでも日々イベント情報を収集できているんですが、そこでみるリスト表示の実態はテーブルタグのベタ張りが大半です。

個人的に50件くらいまでならなんとも思わないんですが、100件200件もあるイベントだとリストが長くなってかなり見づらい! あとついでにサークル名とか配置順とかジャンル別に並び替えたい! 検索したい!

そんな欲求が少しでも満たされる世の中になるように、テーブルタグを使ったサークルリストに並び替え機能やキーワード検索機能をつけるカスタマイズ方法を紹介します。

サークルリストというのはサークル申込終了から開催日当日までに一番「みたい!」と思う注目度の高い情報だし、見易さや使いやすさにはこだわって損のないものだと思っています。もしこれを読んでる人で「わかるわー」と思ったなら身近なイベント(プチ含む)主催者さんにこの記事のことを教えてあげてもらえると嬉しいな!

続きを読む

同人イベント 傾向別集計「スーパーコミックシティ関西20」

ジャンルに加えてキャラクター、カップリング別に集計しました。

ジャンル集計はこちら。「同人イベント集計「スーパーコミックシティ関西20」

続きを読む

SCC関西20の裏でやってる同人誌即売会を調べてみた

このブログ作る前は調べたサークル数はTwitter上でだけ報告してまして、基本的にRTしてくれた人は鍵アカでもない限りほぼ全員TLをみにいってます。

で、ミスってるとこを指摘されて反映したり、要望もらって項目追加したりなんだりしてるんですが、だーっと反応を見てるとその人が注目するジャンル事情が垣間見えて面白いです。「この日は裏でジャンルオンリーがあるからこっちは少ない」みたいなやつ。

確かに1万とか2万サークル集まる大規模イベントがあっても、同日もしくは直近に参加したいオンリーイベントがあるならそっちを優先するサークルも多数でてくるだろうし、結果大規模イベントに参加するサークルも目減りする、ということはよくありそうです。

いままで誰もが知ってる大イベントか直接参加するイベントくらいしか調べてなかったんですが、そういうジャンルごとの事情みたいなものも見たほうがより立体的に流行や傾向を見れるかもなと、早速今週末24日開催の大イベント「スーパーコミックシティ関西20」の裏で開催されてる同人誌即売会を調査してみました。

続きを読む

久しぶりに

しばらく「ブログはいいかな」とおもって日記の類はコンテンツだけ投げておけるTumblrや各種SNSにいたんですけど、大きな予定がなく宙ぶらりんの立場なのでむくむくとまたブログ書きたくなって、Wordpressの勉強かねて立てました。

以前からちまちま集計していた同人周りの集計物の置き場にするつもりです。お付き合いいただけたら幸いです。