Freo Template Gallery

CMS「freo」のテンプレートを画像つきで紹介しています。初心者にわかりやすい設置方法や創作サイト運営に役立つ情報を紹介しています。

freoはじめて物語(2) テンプレートを変えてみよう

freoはじめて物語(2) テンプレートを変えてみよう

前回で無事freoの設置が完了しました。標準機能でも十分に高性能ですが、せっかくなので当サイトで紹介しているテンプレートに着せ替えてみましょう。

  1. テンプレートを選ぼう
  2. テンプレートファイルをダウンロードしよう
  3. テンプレートをアップロードしよう
  4. 表示が変わらないときは?

テンプレートを選ぼう

まずは使いたいテンプレートを選びましょう。配色や対応プラグイン、カラム(縦列)の違いなど、目的にあったテンプレートをぜひみつけてみてください。

template00.png

ここでは例として、けになたてかさんで配布されている「freoテンプレート No.006」(紹介ページ)に変更してみます。ぱっと見はfreoの標準デザインに近く、しかし細部でブラッシュアップされているため大変使いやすく美しいテンプレートです。

テンプレートファイルをダウンロードしよう

ダウンロードページの「ダウンロード」をクリックし、適当なフォルダに保存しましょう。

template01.png

保存したZIPファイルを解凍します。

template02.png

中をみるとなにやら見覚えのあるフォルダ構成になっています。実はfreoの標準フォルダ構成にあわせて、まったく同じフォルダ名になっているのです。

実はこのまますべてのフォルダを選択し、freo内のフォルダに上書きするだけでテンプレートの入れ替えが完了します。

template06.png

多くの配布サイトはこのようにあらかじめ整理している場合あるので、覚えておくと大変便利です。

テンプレートをアップロードしよう

template04.png

では早速解凍したフォルダをそのままFTPソフトを使ってアップロード&上書きしましょう。

template05.png

設置したアドレスを開き、外観が変わっていればテンプレート変更完了です。

表示が変わらないときは?

もし、上書きは成功しているのにページを開いても変更されていない場合、サーバ上にキャッシュが残っているためうまくいっていない可能性があります。

template07.png

freoは「templates_c」という中にキャッシュファイルを保存しています。FTPソフトでこのフォルダを開くと文字化けしたような名前のファイルが並んでいるかとおもいますが、これがキャッシュファイルです。

本来はサーバ負荷を軽減する大事なファイルですが、大幅に変更した際には変更前のデザインを保持するため作業の障害になっている場合があります。削除してもすぐに新しいものが作成されるので、更新が上手く行かないときはまずこれを削除してみるといいでしょう。

標準では同じフォルダに「.htaccess」というファイルが含まれており、これはキャッシュファイルではありません。これを避けて他ファイルをすべて削除すればキャッシュ削除完了です。

予告

設置もおわり、次回はいよいよ記事を投稿してみます。

freoはじめて物語(3) エントリー記事を投稿しよう

テンプレートを探す

人気のテンプレート

更新通知