【3000RT超】CC大阪100の集計記事はどれくらい注目されたのか報告

また調べたよ!

今回は1ヶ月間におよそ3000RTされてました。その結果このサイトのPVがどう上がったのかやクリック率だとかを分析しました。4桁RTされるとこんななるのかという参考例としてもどうぞ。

集計期間

2014年12月11日~2015年1月11日

期間中のアクセス数とよく見られたページ

ページ タイトル ページビュー数 ページ別訪問数
「COMIC CITY 大阪100」キャラ・CP別集計 11,952 9,992
「COMIC CITY 大阪100」ジャンル別集計 7,544 6,587
「COMIC CITY 東京135」キャラ・CP別サークル数集計 5,627 4,897
「COMIC CITY 東京135」ジャンル別サークル数集計 2,493 2,300
あのアレどこ – おはようからおやすみまで同人をみつめる 953 670
同人イベント キャラ・CP別集計「COMIC CITY SPARK9」 432 380
同人イベント集計「COMIC CITY SPARK9」 268 235
「COMIC CITY 福岡37」ジャンル別サークル数集計 252 221
赤ブーブー同人イベントの流行ジャンルの推移を1年分調べてみたよ 245 211
スパーク9のサークル集計した記事はどれだけ注目されたのか報告 209 195
サイト内合計 31,740 27,162

150111ccosaka100

今回の集計期間終盤で新たに記事公開したので、そのあたりの注目数も多分に含まれています。

外部サイトからの遷移

Default Channel Grouping セッション 割合
Social 13,797 68.49%
Direct 4,168 20.69%
Organic Search 1,450 7.20%
Referral 727 3.61%
(Other) 2 0.01%
合計 20,144 100.00%
ソーシャル ネットワーク セッション 割合
Twitter 13,563 98.30%
Sina Weibo 101 0.73%
Facebook 96 0.70%
Plurk 12 0.09%
Naver 9 0.07%
mixi 6 0.04%
Hatena Bookmark 4 0.03%
Douban 3 0.02%
Pixiv 2 0.01%
FC2 1 0.01%
13,797 100.00%

Twitter分析

期間中に個人アカウントからリンクした主なツイートの分析。右列は総ビュー数に対する割合です。

主なデータ 数量 割合
インプレッション ユーザーがTwitterでツイートを見た回数 181,059 100.00%
埋め込みメディアのクリック数 ツイート内の画像や動画を表示するためにクリックした回数 23,130 12.77%
リンクのクリック数 ツイート内のリンクまたはカードをクリックした回数 10,444 5.77%
詳細のクリック数 ユーザーがツイートをクリックして詳細を確認した回数 6,798 3.75%
リツイート ユーザーがツイートをフォロワーにリツイートした回数 3,085 1.70%
お気に入り ユーザーがツイートをお気に入り登録した回数 1,400 0.77%
ユーザープロフィールのクリック数 ツイートしたユーザーの名前、@ユーザー名、またはプロフィールをクリックした回数 363 0.20%
固定リンクのクリック数 ツイートの固定リンクをクリックした回数 (デスクトップのみ) 20 0.01%
フォロー ユーザーがツイートから直接フォローした回数 18 0.01%
返信 ツイートへの返信数 1 0.00%
メールで共有する ユーザーがツイートを他のユーザーにメールした回数 1 0.00%

主なデータ 数量 割合
インプレッション ユーザーがTwitterでツイートを見た回数 4,384 100.00%
埋め込みメディアのクリック数 ツイート内の画像や動画を表示するためにクリックした回数 515 11.75%
詳細のクリック数 ユーザーがツイートをクリックして詳細を確認した回数 259 5.91%
リンクのクリック数 ツイート内のリンクまたはカードをクリックした回数 179 4.08%
リツイート ユーザーがツイートをフォロワーにリツイートした回数 64 1.46%
お気に入り ユーザーがツイートをお気に入り登録した回数 33 0.75%
ユーザープロフィールのクリック数 ツイートしたユーザーの名前、@ユーザー名、またはプロフィールをクリックした回数 14 0.32%
固定リンクのクリック数 ツイートの固定リンクをクリックした回数 (デスクトップのみ) 1 0.02%
返信 ツイートへの返信数 0 0.00%

感想

スパーク9のサークル集計した記事はどれだけ注目されたのか報告 のときにもっとクリック率あげたいなあと思って「記事内に詳しいものありますよ」と誘導したつもりでしたがクリック率はあまり変わらず。うーん、これ以外になにかいい誘導のしかたあるだろか。

3000RTされたとはいえ、ある意味ツイート記事のテキストと画像で完結する類のため、ぱっとみてそれっきりの割合が高めです。これがたとえば有名人やテレビ番組の公式アカウント解説報告だったら、もっと閲覧数に対して素直にフォロワーが増えるでしょうね。

スパーク(参加数2万サークル)と比べて今回メインだったCC大阪100(参加数1万サークル)の注目度は落ちるだろうなと思ってましたが、ツイートのRT数・総閲覧数はほぼ半減の中、サイト全体のPVは4分の3減と思った以上に踏ん張ってたなという印象。記事数も増えてキーワード検索からの流入がわずかずつ増えていることが大きそうです。あとなぜかFacebookからの流入も微妙に増えている。

ただし、以前のスパークは集計に利用しているNAVIO公開から開催日まで11日間、今回は正月休みを挟んでほぼ1ヶ月前倒していたという差を思えば、やっぱり開催規模は如実に注目度の差になるのだなあと。それも乗算じゃなくてべき算のような比例のしかたですね。

とりあえず二度三度宣伝ツイートして何個目かが大拡散というのを繰り返すうちに、「まず最初に拡散してくれる人(知人)がいるタイミングで投下する」ことの重要さに気づきました。

スパーク9のサークル集計した記事はどれだけ注目されたのか報告

これは前回の感想で書いたことですが今もう少し掘り下げると、親しいや自分の呟きを好きで読んでくれる人ならまあまあ拡散に協力してくれるんですよ。でもその先のこと、フォロワーのフォロワーはまあまあ他人だし、向こうからしてもこっちに大きな情もない他人なわけで、そういった人たちに刺さる内容じゃないとわーっと広がらないよねーと。

そのあたりはツイッターでぶつぶついっていたらまとめていただきましたのでよろしければどうぞ。終盤のあたりです。あと今みると遷移数に対するパーセンテージの単位を思い切り間違えています。小学生か!

【目立たなければ】モノつくる人たちの宣伝手法【生き残れない】 – Togetterまとめ

このCC大阪分の記事や9日に公開したCC東京の記事に対して、直接のフォロワーさんではない方からも「あ、いつものひとだ」と言われるケースがうっすら増えてきた気がします。そのおかげなのか? 関西関東のコミックシティであればだいぶ安定して拡散にご協力いただけているようになりました。

一方で、12月に公開したCC福岡やコミックトレジャーの記事はいまもってほとんど発掘されていません。CC福岡分に関してはキーワード検索からの流入が多少あるくらいですかね。まあたくさん拡散されたら勝ちというもんではなく、あくまで欲しい人に届けばいいなとおもっていますが、さすがにもうちょっとここのコネが増えないかなーという気がしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク